スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッション関連のシステムについて

Virtual Fitting

ユーザの実際の計測値に基づいたアバターを使った仮装試着システムです。

オンラインショッピングがメジャーになってきてる今、こういうのが出てくるのは当たり前の流れでしょう。

このようなファッションに関するシステムは次々に登場してきていますが、実際のユーザの持っている服を使っていて実用化されているのはPSPのMy Stylistくらいなんですかね
研究ではいくつかありますが。
ちなみにMy Stylistは洋服だけの写真を利用してコーディネートができるゲームソフトです

suGATALOGは、ユーザの姿を利用したコーディネート支援システムです。
毎日服を着て、鏡の前で姿を確認する際に写真を撮影し、その取り貯めた写真を使ってコーディネートシミュレーションをします。
しつこいようですが(でも大事)ユーザの姿であることが大事なんですね。
かつ、suGATALOGでシミュレーションしたものは自分の持っている服なのですぐに着れる。
だからVirtual Fittingとはそもそも目的が違いますね。

suGATALOGで取り貯めた写真をデータベース化すれば、お店とかで自分の持っている服との組み合わせとかもシミュレーションできて便利だなぁとか思ったり。

話は変わりますが、今のsuGATALOGでは同じ服であっても写真が違うと同じ服であることが分からないんですよね
だからランダムでコーディネートの自動生成をすると同じ組み合わせになったり、データが増えた時にとんでもないことになります。
同じ服であることを認識させるには(出来るだけ軽い動作で)どういう方法が一番いいんでしょうねえ。
suGATALOGはこういうものだと割り切るのか(研究の本質ではないので)
画像処理などの新たな領域に手を出すのか
迷うところです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

研究範囲外とかあんまり深く考えずにまずはいろいろやってみたらいかが?若いんだもん、試行錯誤する時間はいっぱいありまーす☆

その通りですね!
やってみないと分からないし、やることに意味があると思います。
新しいことにもどんどんチャレンジしたいです。
プロフィール

さとうあやか

Author:さとうあやか
ヒューマンインタフェースの研究をしています。
研究や日常で起こったこと、考えたことを記録として書いてます。
考えが変わることがよくありますが、そのときの素直な考えを綴っています。
研究業績やプロフィールなどはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。